ヨーグルトは大好きなのに自分の体に
合っているものが見つかりません。

腸内フローラをさまざまなメディアが取り上げ、
ヨーグルトの効果をテレビなどで見るたびに、
ふと、かつて食べていたヨーグルトは
体に合ってなかったのでは?と思うようになりました。

というのも、便秘が良くなったわけでなし、
かさついた皮膚の調子が良くなったわけでなし、
体調がよくなったわけでもなく、

血中コレステロールが上がってしまったのです。

体に合っていたなら、まず、便秘が改善されていたのではと
今更ながら思います。







スポンサーリンク







あなたの応援クリックが記事更新の励みになります。

健康と医療 ブログランキングへ


ヨーグルトに、はまったのは「カスピ海ヨーグルト」が
爆発的に流行った頃で、知人が種を分けてくれました。

それから毎日ヨーグルトを食べ続けました。
食べている知人が調子がよいというので、
私も調子がよいのかな?と漠然と思いながら

食べること1年余り。

あるとき、ひどい腹痛で病院で検査を受けました。
すると、驚く結果が待っていました。
コレステロール値、中性脂肪、悪玉コレステロールが
とても高かったのです。

腹痛はなかなか治らず、下痢がひどくなって、
食事が食べられなくなり入院してしまいました。
そして、24時間点滴生活をすること2週間。
痛みに苦しむ日々でした。

退院できたのは2ヵ月後で、入院中には
さまざまな検査を受けました。

胃や腸が悪いのはしかたのないこととして、
「脂肪肝」と医師から言われ、ほんとうに
ビックリしてしまいました。

アルコールは全く飲めず、カスピ海ヨーグルトを
食べる前はコレステロールも高くなかったので、
脂肪肝になっているなんて信じられませんでした。

世間的にカスピ海ヨーグルトが良いと言われていても
体に合っていないと悪影響もあることを
身を持って知りました。

それからはヨーグルトを食べるのを
控えていました。

ヨーグルトだけでなく、いろんなチーズが使われている
ドリアを食べたときにも強い腹痛で下痢になり、
医師からチーズは避けたほうがよいといわれ、
チーズも食べるのを避けました。

私の体は乳製品が合わないのかもしれないと
思うようになりました。

ところが、テレビで「体に合うヨーグルトがある」と
いうのを見て、私に合うヨーグルトを探してみようと
いう気持ちになりました。


最初に食べたのが前回書いた「R-1ヨーグルト」
だったのです。

つづく・・・







スポンサーリンク








便秘改善ランキングに参加しました。
あなたの応援クリックが記事更新の励みになります。

人気ブログランキングへ

 カテゴリ

 タグ