糖質制限ダイエットの流行で自分流で糖質を食べない
ダイエットをしている人が多いそうです。

こちら

もし、そのやり方が自分の肥満遺伝子に合っていなかったら
体重が減らないだけでなく、健康すら害してしまいます。

自分の肥満遺伝子に合ったダイエットを実践すると
腸内環境も良くなって体重が減るだけでなく、
不快だった症状、例えば、便秘、吹き出物、肌荒れなどが
改善することにもなります。

遺伝子の型は生まれ持ったもので、一生変わることはありません
遺伝的タイプを知りることで、自分に合った食生活に変えたり、
生活習慣を改善すると将来起こり得るリスクを
低くすることができます。


最近、自宅でできる遺伝子検査が注目されています。




最先端のFTO遺伝子を加えた5種類の肥満遺伝子
検査を行っているところは少なく、決め細やかな
分析結果を行っている「ダイエット遺伝子分析キット
について説明します。

話題のDNA SLIMダイエット
遺伝子検査







スポンサーリンク








まず、一般的に言われている肥満遺伝子は3タイプです。
この遺伝子は「エネルギー代謝調節系遺伝子」といわれています。




1.ADRB3遺伝子(β3AR遺伝子りんご型ともいう)
  糖質によって太りやすく、お腹にお肉が付きやすい

2.UCP1遺伝子(洋なし型ともいう)
  脂質によって太りやすく、下半身にお肉の付きやすい

3.ADRB2遺伝子(β2AR遺伝子バナナ型ともいう)
  タンパク質の吸収が少なく筋肉が付きにくいが
  一度ついた脂肪は落ちにくい

次に肥満遺伝子検査で注目のされているFTO遺伝子です。
この遺伝子は「食行動調節系遺伝子」といわれていて最先端の検査です。

FTO遺伝子とは、エネルギーの消費量を調節する為の遺伝子です




1.FTO(rs9939609)遺伝子(高カロリー嗜好)

2.FTO(rs1558902)遺伝子(過食傾向)
  
この遺伝子を持っている人は嗜好による生活環境や
食生活といった後天的な要素で肥満になると
考えられています。


この「ダイエット遺伝子分析キット」では
最先端のFTOを加えた5種類の肥満遺伝子を検査し、
遺伝子タイプに合わせた最適なダイエットプランが届きます。





1.高カロリー嗜好で内臓脂肪型
2.高カロリー嗜好で皮下脂肪型
3.高カロリー嗜好で混合型
4.高カロリー嗜好で標準型
5.高カロリー嗜好でやせ型
6.内臓脂肪型
7.皮下脂肪型
8.混合型
9.標準型
10.やせ型

10タイプの中のどれなのか詳しく解説した
遺伝子分析結果

食事のアドバイス

運動のアドバイス

ダイエットプラン

食行動判定結果

の精細なレポートが届けられます。


肥満遺伝子レベルの解析から体質を知り、
間違った食生活や生活習慣を見直し、
自分にあった正しい生活習慣を心がけることは
とても大切なことではないでしょうか。

詳細は↓

話題のDNA SLIMダイエット
遺伝子検査

肥満遺伝子検査
DNA SLIM

肥満遺伝子検査
肥満遺伝子検査

関連記事は↓

肥満遺伝子タイプを知る10項目の簡易チェックはこちら

洋なし型記事はこちら

りんご型記事はこちら

バナナ型の記事はこちら







スポンサーリンク








便秘改善ランキングに参加しました。
あなたの応援クリックが記事更新の励みになります。

人気ブログランキングへ

 カテゴリ

 タグ