麹はいいことづくめの健康食品です。

kouji.jpg


○腸内環境を整えます
 麹の発酵食品に植物性乳酸菌が含まれ、
 腸まで届き、善玉菌をサポートして、
 便秘や下痢を予防します。

○血圧降下や中性脂肪に働きます
 米麹に含まれるGABAギャバ(γーアミノ酸)に
 血圧降下作用や、コレステロール・中性脂肪の
 増加を抑制する作用、リラックス作用があります。

○免疫力やアレルギーを予防します
 免疫をつかさどるリンパ球の6~7割は
 腸に集中しています。
 麹の発酵で腸内環境を整えて免疫力が 
 アップします。
 免疫が過剰反応して起こるアレルギーの予防、
 改善をします。

○食材をおいしく栄養吸収をアップします
 麹が食材を発酵させる過程で、
 酵素がたんぱく質をアミノ酸に
 でんぷんをブドウ糖に分解します。
 
 発酵により、うまみが作られ、
 消化しやすい形に変えてくれます。

○代謝が上がります
 酵素が大量に作られる麹は、
 加齢や老化で減少した代謝の要である
 体内酵素の働きを増加し、代謝が上がることで
 アンチエイジングにつながります。

○体重増加を抑制する効果があります
 米麹に含まれる酵素、αーエチルグルコシドが
 体重増加を抑制します。
 豊富な酵素の働きで代謝がアップすると
 太りにくく痩せやすい体に導きます。

○美肌・美髪効果があります
 麹の発酵させる過程で、肌の細胞や髪の材料になる、
 たんぱく質が分解され吸収がよくなり、
 ビタミンが作られて
 美肌や美髪をアップします。

misophoto.jpg




スポンサーリンク







では麹とはなんなのかというと

○麹はカビの仲間です

麹菌は「糸状菌」カビの一種で「麹カビ」と
呼ばれています。

麹菌は人間に役に立つカビの代表でもあります。


発酵食品
カビの代表の「麹菌
細菌の仲間「乳酸菌」「酢酸菌
酵母の「酵母菌」「イースト菌
によって作られています。


○酵素の宝庫です
 
麹菌は酵素の生産力がずば抜けて高く、
100種類はあるといわれています。
多種多様な酵素が食品の細胞に作用して
人工では作れない「うまみ」を作り出してます。

人の体内で作られる酵素は代謝の要であり、
アンチエイジングに欠かせません。
発酵食品を食べることで体内の酵素を補って
体内酵素の働きをサポートできます。

酵素の中で代表的なもの

アミラーゼ
プロテアーゼです。
アミラーゼはでんぷんをブドウ糖に
プロテアーゼはたんぱく質をアミノ酸に
分解します。

これらの酵素の働きで食品をやわらかく
消化の良い状態に変えます。


○ビタミンを作ります

麹菌は発酵の過程で数々のビタミンを作っています
米麹はビタミンB1、B2、B6、ナイアシン
パントテン酸、イノシトール、ビオチン
など、健康に欠かせないビタミン類を作り出します。



日本で生まれた麹は日本人の体に
最も合った食品です。

麹を使った発酵食品
食べることで、ますます体を健康に美容に
導いてくれるのは間違いありません。




amazake1.jpg

スーパーフードと言われている甘酒【マルコメ】
marukome





スポンサーリンク







便秘改善ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ

あなたの応援クリックが記事更新の励みになります。

人気ブログランキングへ


 カテゴリ

 タグ