「レトルトパックのお粥でも甘酒が作れるの?」
問い合わせがありました。

もちろん作れます。

お粥を使って甘酒を作る方法は
うすづくり」といわれています。

では作り方です。


準備するもの

○レトルトのお粥 1袋(250グラム)
 近所のスーパーに売っていた白粥を使いました。
sirogayu.jpg
 

○米麹100グラム
 低温乾燥の米麹を使いました。
miyakokouji.jpg

○口の広いポット
 500CCのスープポットを使いました。

○お湯
 60度程度

○おわん


○500CC程度の保存用の蓋付き容器


作り方

①米麹に60度ぐらいのお湯を
 米麹の半分程度の量を入れてもどす。

kouji150g-1.jpg
お湯でもどしたところ
kouji150g-2.jpg


②ポットに3分の1ほどのお湯を入れ
 中を温めておく。
pot-oyu.jpg

③おわんにレトルトお粥を入れて
usutukuri1.jpg

 蓋をし、レトルトの袋に書かれている時間を
 電子レンジで温める。
usutukuri3.jpg

④③に①の戻しておいた米麹を入れて
usutukuri4.jpg

 よくかき混ぜる。
usutukuri5.jpg

⑤②のポットの中のお湯を捨て、
 ④のよくかき混ぜたお粥をポットに入れる。
usutukuri6.jpg


⑥ポットに入れたお粥をもう一度よくかき混ぜて
 蓋をして6~8時間置く。


⑦糖化され甘酒が出来上がる。
usutukuri9.jpg

⑧蓋付き容器を熱湯で軽く消毒して
 ⑦のポットで作った甘酒を入れ
 冷蔵庫で保存する。
usutukuri10.jpg

上手く作るコツ

○米麹は乾燥のままでも作れますが、
 もどしてから作ったほうが、お米の芯が
 少なくておいしいと感じます。

○ポット中で発酵が進んでいます。
 3時間ぐらい経過したら、一度蓋をゆるめ
 空気を抜き、再度蓋をしてシェイクして
 発酵が均一になるようにすると良いと思います。
 
全くの無添加ですので、1週間以内に
飲みきってください。

毎日1回蓋付き容器をシェイクし、混ぜてください。
冷蔵庫に入れても発酵は続いています。

レトルトのお粥は水分が多いので
そのままストレートで飲むのもよし、
甘すぎる場合はお湯で好みに薄めてください。

甘酒を牛乳や豆乳で割ったり、
シリアルにかけたり、
キウイジュースやバナナジュースにしても
おいしいです。


マルコメの甘酒






スポンサーリンク







私はシンプルに手作りの塩麹
しょうがを少し入れて飲んでいます。



関連記事は↓
甘酒の作り方「はやつくり」


私が使っている米麹は乾燥したタイプ
低温乾燥したタイプです。

両方ともおいしい甘酒が作れます
私は麹に使われているお米が飲むときに
やわらかく残っているのが好みです。

乾燥麹は麹を芯まで軟らかくもどすには
10時間ほどかかります。

それでも芯が残っているときがあります。
塩麹」や、「まろやか味噌」を作るときには
芯が残っていてもあまり感じないので、
乾燥麹を使っています。


軟らかい米の残る甘酒
作れる米麹はこれです。
   ↓ ↓ ↓


伊勢惣 みやここうじ 800g【楽天24】【あす楽対応】[伊勢惣 麹(こうじ)]


塩麹の作り方の記事は

塩麹の作り方

まろやか味噌の作り方の記事は

まろやか味噌の作り方

マルコメの甘酒



便秘改善ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ

あなたの応援クリックが記事更新の励みになります。

人気ブログランキングへ




スポンサーリンク





 カテゴリ

 タグ