最近、気になるヨーグルトがあります。
COOP宅配のヨーグルトです。

プレーンヨーグルト脂肪0(ゼロ) 450g
砂糖不使用
生きて腸まで届く
ビフィズス菌BB-12菌

bb-12yoguruto1.jpg


○原材料:無脂肪牛乳、脱脂粉乳、乳たん白

○添加物名:なし

○メーカー名:大山乳業

○カロリー:38kcal

○食塩相当100g当たり0.1g


大山乳業のホームページを見るとビフィズス菌BB-12菌
使用のヨーグルトがありました。
COOPブランドは砂糖不使用ですが
こちらのは加糖タイプでした。

http://www.dainyu.or.jp/item/products_detail.php?id=64


COOPでは人気商品の一つです。

味はどうかというと
酸っぱさは少なく、糖分が入ってませんので
甘くないです。
フルーツやシリアルとあわせるとおいしいです。
私はキウイとグラノーラを入れて食べました。

キウイやグラノーラの甘みが丁度よかったです。

まだ、試していませんが、味噌汁や
納豆に少量入れるとそれぞれの素材の味が
まろやかになっておいしいのではと思います。

キャッチフレーズに
生きて腸まで届く
ビフィズス菌BB-12菌」とあります。
気になり調べて見ました。




カイテキオリゴ
カイテキオリゴ




スポンサーリンク







まず、「生きて腸まで届く」とパックに
書かれてあると「プロバイオティクスのヨーグルト
です。


「プロバイオティクス」とは
腸内の悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を増やして
腸内フローラのバランスを整え、活性化させる
生きた微生物のことです。

また、プロバイオティクスには条件があります。

①食品や医薬品として安全性が保証されている

②胃酸や胆汁酸などの影響を受けることなく腸まで届く

③腸内粘膜へ付着し、増殖できる

④腸内環境を整え、腸内に腐敗物質を増やす悪玉菌を
 減らすことができる

⑤抗菌性物質を生産し、がんなどの病気を予防する
 ことができる

⑥摂取・飲用が簡単である

⑦商品としての生産性があり、なおかつ価格が安価である

上記をクリアした腸内細菌だけが
プロバイオティクスです。


○BB-12はどんな菌?

BB-12は酸に強い菌です。
BB-12株の正式名称は
ビフィドバクテリウム属ラクティス種BB-12株
です。

「ビフィドバクテリウム」とはビフィズス菌のことで、
現在32種類発見されているビフィズス菌の一つです。

ビフィズス菌は酸性の強い中では生きていくことは
出来ません。

多くの乳酸菌も胃酸などの強い酸性によって
死んでしまうことが分かっています。

その中で「BB-12」はpH2.5という強い酸性下でも
100%近く生きているという非常に高い生存率
であること分かっています。

「BB-12」は胃酸などに耐える力は
一般的なビフィズス菌よりも大きく、
胃酸や胆汁に耐えて腸に運ばれます。
そして、腸内の悪玉菌を抑えて善玉菌の働きを
助けます。

腸に運ばれたBB-12は腸管への付着性が高く、
悪玉菌の減少に効果があります。
効率的にとると腸内環境を整えることが出来ます。

○プロバイオティクスの効果

便秘および下痢症の改善効果

アレルギー抑制効果

動脈硬化の予防効果

発ガンリスクの抑制効果

血圧降下作用

ヘリコバクターピロリー抑制効果

などがあります。

ヨーグルトのすべてにビフィズス菌が
入っているわけではありません。

プロバイオティクス効果を期待したい時は
乳酸菌+ビフィズス菌の入った
「プロバイオティクス」
「生きて腸まで届く」
とパッケージに記載された
ヨーグルトを見つけて購入されては
いかがでしょうか。

bb-12.jpg




関連記事は↓

水で作るヨーグルト

ヨーグルトとは?

カイテキオリゴ
カイテキオリゴ


便秘改善ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ

あなたの応援クリックが記事更新の励みになります。

人気ブログランキングへ





スポンサーリンク





 カテゴリ

 タグ