チーズはヨーグルトと同様の乳酸菌を使って発酵させる
発酵食品です。

原料の乳に酵素と乳酸菌を加え、水を抜いて
凝固させ、塩などを加えて熟成させたものです。

チーズの種類によって、
原料乳
酵素
乳酸菌の種類
熟成方法
などが違うため、多種多様のチーズがあります。

chiz2.jpg

チーズの種類について

1)ナチュラルチーズとは
牛・水牛・山羊・羊などの乳を乳酸菌や
酵素などで凝固させたチーズ
熟成の有無・方法などによって多様な種類がある
 
○フレッシュチーズ
 乳酸菌や酸、酵素などで乳を凝固させ、
 熟成させずに食べるチーズ
 クリーム
 カッテージ
 リコッタ
 マスカルポーネ
 モッツアレラ 
 など

○白カビチーズ
 凝固させたあと、表面に白カビを植え付け、
 菌が作る酵素によって熟成させるチーズ
 カマンベール
 ブリー
 ニューシャテル
 など

○青カビチーズ(ブルーチーズ)
 凝固させたあと、内部に青カビを植え付け、
 内部から熟成させるチーズ
 表面に白カビを併用するものもある
 ロックフォール
 ゴルゴンゾーラ
 など

○ウォッシュチーズ
 凝固させたあと、表面にリネンス菌をうえつけ
 塩水、ワイン、ビールなどで洗いながら熟成させる。
 臭いが強いものが多いが中はマイルドなチーズ
 エポワス
 マンステール
 マルキ
 タレッジョ
 など

○ハード・セミハードチーズ
 凝固させたあと、乳酸菌などの微生物によって
 内部から熟成させ、硬めに仕上げるチーズ
 セミハードは数ヶ月、ハードは半年から数年
 熟成させる。
 チェダー
 パルミジャーノ
 ペコリーノ
 エダム
 ゴーダ
 ミモレット
 など
 
chiz3.jpg

2)プロセスチーズとは
ナチュラルチーズを数種類あわせて加熱し、乳化剤を加え
固めたチーズのこと。
発酵が止まるので保存性が高く、風味も変わりにくい。
日本とアメリカでよく食べられていて、アメリカンチーズ
とも言われています。
チーズのブレンドや割合、形状により種類があります。








スポンサーリンク









チーズの効果について

乳酸菌が発酵中に分泌したプロテアーゼの作用で
肝機能や血中コレステロール濃度を低下させる効果
報告されました。

腸内細菌への影響も大きく、善玉菌のビフィズス菌を
腸内で安定した形で生息させ、ビフィズス菌の増殖を促し
有害な悪玉菌の侵入を阻止しています。

悪玉菌の侵入に対して、殺菌作用や生菌作用をすることが
出来ます。


チーズの栄養価について

一般的にチーズにはたんぱく質と脂肪が20~30%
含まれています。
カロリー源やエネルギー源に富んだ滋養食品です。

乳酸菌の発酵により乳たんぱく質のカゼインが
分解されてできるCPPという成分がカルシウムの吸収
助け、効率よく体内に吸収されます。

高カロリーなので食べ過ぎに注意!

○発酵により、消化吸収が良い

○カルシウムが豊富
 ハード・セミハードチーズには牛乳の6~7倍含まれ、
 パルミジャーノにいたっては11倍以上含まれます。

○ビタミンが豊富
 特にビタミンB2が豊富に含まれ、脂肪を分解し
 脂肪の蓄積を予防。

○必須アミノ酸のメチオニンが豊富
 メチオニンはアルコールを分解し、
 肝臓の機能を助ける働きがある。
 
 フレッシュチーズより、ハードチーズに
 多く含まれている。
 
 塩分が高いのが欠点です。


チーズを食べ過ぎると吐き気や頭痛がおこることが
あります。

zutu.jpg

これは、チーズに含まれる成分「チラミン」の影響と
考えられます。
「チラミン」は体内に蓄積されると血圧が上昇し、
頭痛や吐き気をおこす作用があります。

「チラミン」が起こす頭痛は、頭の一部がズキンズキン
痛む「片頭痛」が特徴です。

片頭痛の方はチーズの食べすぎに注意されたほうが
良いかもしれません。

chizu1.jpg





スポンサーリンク









便秘改善ランキングに参加しました。
人気ブログランキングへ

あなたの応援クリックが記事更新の励みになります。

人気ブログランキングへ


 カテゴリ

 タグ