So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

発酵食品のカテゴリ記事一覧

慢性便秘にアレルギー、片頭痛などでつらい日々を発酵食品でスッキリ快腸に改善してきた方法

カテゴリ:発酵食品

発酵食品のカテゴリ記事一覧。慢性便秘にアレルギー、片頭痛などでつらい日々を発酵食品でスッキリ快腸に改善してきた方法

発酵食品
最近、味噌には抗がん作用があることが分かってきました。免疫力を正常に保つには、免疫細胞の材料になるたんぱく質を十分にとらないと機能しません。。日本人が肉をあまり..

記事を読む

発酵食品
発酵食品が免疫力をアップさせることが分かっています。そのメカニズムを書いていきます。まず、免疫とは体が本来持っている自然治癒力のことで、免疫力が高いと病気にかか..

記事を読む

発酵食品
納豆は大豆を水で戻して蒸して納豆菌を吹き付けて発酵させて作ったものです。発酵食品の中でも最強といわれるほど健康効果があります。納豆菌は熱に強く、蒸しあがった大豆..

記事を読む

発酵食品
発酵食品を食べて腸内の善玉菌を増やすには一日に3種類以上を食べるとよいとのことです。3種類を上手く取り入れるには発酵する微生物から選ぶのが簡単なように思います。..

記事を読む

抗がん作用のある味噌で免疫力アップ

最近、味噌には抗がん作用があることが分かってきました。

misophoto.jpg

免疫力を正常に保つには、免疫細胞の材料になる
たんぱく質を十分にとらないと機能しません。

日本人が肉をあまり食べなかった時代には
味噌は米と共に重要なたんぱく質源だったそうです。

味噌の働きには

○抗酸化作用

○胃潰瘍の予防

○メラニン生成の抑制

○コレステロールを下げる

などがあります。

味噌に含まれている抗酸化物質
メラノイジンです。

メラノイジンは味噌が発酵・熟成する際にアミノ酸や
糖類が反応してできた色素成分です。
食物繊維のように
腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らします

メラノイジンの働きには

○活性酸素を減少する

○コレステロールの低下

○血糖値の激しい上昇を防ぐ

○インシュリンの分泌を亢進させる

さらに抗がん作用があります。

味噌が発酵する過程で脂肪酸エチルが
発がん物質の力を低下させています。

味噌による乳がんの抗がん作用について
「厚生労働省研究班」が研究調査を行いました。
その結果、味噌が熟成するとイソフラボンという
女性ホルモンに似た働きをする物質が、
がんの抑制効果がより高まるのではないかと
推定されるそうです。







スポンサーリンク






» 続きを読む

 カテゴリ

 タグ

発酵食品は免疫力をアップさせる

発酵食品が免疫力をアップさせることが分かっています。
そのメカニズムを書いていきます。

まず、免疫とは体が本来持っている自然治癒力のことで、
免疫力が高いと病気にかかりにくく、かかっても軽く済みます。

免疫細胞は白血球の中にあり、特に重要なのはリンパ球内の
「ヘルパーT細胞」です。

ヘルパーT細胞はアレルギー・がん・自己免疫疾患などの
発症リスクに関与していることがわかっています。
ヘルパーT細胞は
1型(Th1)
2型(Th2)
の2種類があり、バランスを保っています。

1型が優位になると免疫系が暴走し、正常な細胞を自ら攻撃し、
自己免疫疾患などにかかるリスクが高くなります。

2型が優位になると花粉症などのアレルギー反応や
発がんリスクが高くなります。

ヘルパーT細胞のバランスを保つには、
リンパ球の7割が腸内の粘膜に存在しているので
腸内環境を整えておくことが大切です。

腸内には
○体に有益な働きをする善玉菌
(乳酸菌、ビフィズス菌など
 乳糖やオリゴ糖などをえさにして増える)

○有害物質を作る悪玉菌
(ウェルシュ菌、大腸菌など
 ストレスや食生活の乱れで増える)

○状況に応じて優勢な菌に味方する日和見菌
(3つの菌の中で一番数が多い
 常に多数派として腸内環境の鍵を握っている)

上記の3種類の菌が絶えず勢力争いをしています。

善玉菌が優位になれば免疫力が高まり
悪玉菌が優位になると下痢や便秘をおこし
免疫力が下がります。

腸内環境を整えるために乳酸菌などの効果で
腸内の善玉菌を増やすパワーのある
発酵食品をとることが大切になります。

ポイントは

毎日続けて食べ続けること!!

です。

腸内の善玉菌はストレスや、寝不足、疲労、過食
加齢などで簡単に減ってしまいます。
毎日食べることで善玉菌を減らさずに済みます。







スポンサーリンク






» 続きを読む

 カテゴリ

 タグ

納豆は発酵食品の中でも最強の健康効果

納豆は大豆を水で戻して蒸して納豆菌を吹き付けて
発酵させて作ったものです。

発酵食品の中でも最強といわれるほど健康効果があります。

納豆菌は熱に強く、蒸しあがった大豆に吹き付けても
死にません。
高熱や低温、乾燥、栄養不足の状態に置かれると
芽胞という特殊な細胞構造になり、休眠状態になります。
そして適した環境になると再び発芽して菌の状態に
戻ります。

納豆菌は酵素を作る力も強く、たくさんの酵素が大豆に
含まれるたんぱく質、糖、脂質からさまざまな成分を
作ります。
代表的なのがネバネバやにおいです。
ネバネバの成分はアミノ酸の一種、ポリグルタミン酸です。
これは驚異的な吸収力を持っていてます。

納豆には大豆にない、ナットウキナーゼ、ビタミンK、
ビタミンB2が含まれています。
オリゴ糖、食物繊維も豊富に含まれ、便秘解消に効果があります。







スポンサーリンク






» 続きを読む

 カテゴリ

 タグ

発酵食品は一日3種類を食べよう

発酵食品を食べて腸内の善玉菌を増やすには一日に
3種類以上を食べるとよいとのことです。

3種類を上手く取り入れるには発酵する微生物から
選ぶのが簡単なように思います。

○カビから発酵する
麹菌
アオカビ
○酵母から発酵する
ビール酵母
パン酵母
清酒酵母
○細菌から発酵する
乳酸菌
納豆菌
酢酸菌

発酵食品はとてもたくさんあり、組み合わせ次第で
毎食とることができます。







スポンサーリンク






» 続きを読む

 カテゴリ

 タグ

Copyright © 発酵パワーでスッキリ快腸 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。