So-net無料ブログ作成

カテゴリ:ヨーグルト

ヨーグルトのカテゴリ記事一覧。慢性便秘にアレルギー、片頭痛などでつらい日々を発酵食品でスッキリ快腸に改善してきた方法

ヨーグルト
最近、気になるヨーグルトがあります。COOP宅配のヨーグルトです。プレーンヨーグルト脂肪0(ゼロ) 450g砂糖不使用 生きて腸まで届くビフィズス菌BB-12..

記事を読む

ヨーグルト
今までいろいろなヨーグルトを食べてきました。でも食べても食べても便秘が改善せず、もう私に合うものがないのかと半ばあきらめかけていましたが最近、やっと見つけること..

記事を読む

ヨーグルト
ヨーグルトはおなかに良いといわれています。スーパーやコンビニなどの店舗にはさまざまな種類のヨーグルトが並べられていてどれを買うか悩みます。かつての私はそのときに..

記事を読む

ヨーグルト
ヨーグルトは大好きなのに自分の体に合っているものが見つかりません。今日は続きです。もしかして、動物性の乳酸菌が合わないのかもと植物性乳酸菌のヨーグルトを食べるこ..

記事を読む

ヨーグルト
ヨーグルトは大好きなのに自分の体に合っているものが見つかりません。腸内フローラをさまざまなメディアが取り上げ、ヨーグルトの効果をテレビなどで見るたびに、ふと、か..

記事を読む

ビフィズス菌BB-12入りヨーグルト

最近、気になるヨーグルトがあります。
COOP宅配のヨーグルトです。

プレーンヨーグルト脂肪0(ゼロ) 450g
砂糖不使用
生きて腸まで届く
ビフィズス菌BB-12菌

bb-12yoguruto1.jpg


○原材料:無脂肪牛乳、脱脂粉乳、乳たん白

○添加物名:なし

○メーカー名:大山乳業

○カロリー:38kcal

○食塩相当100g当たり0.1g


大山乳業のホームページを見るとビフィズス菌BB-12菌
使用のヨーグルトがありました。
COOPブランドは砂糖不使用ですが
こちらのは加糖タイプでした。

http://www.dainyu.or.jp/item/products_detail.php?id=64


COOPでは人気商品の一つです。

味はどうかというと
酸っぱさは少なく、糖分が入ってませんので
甘くないです。
フルーツやシリアルとあわせるとおいしいです。
私はキウイとグラノーラを入れて食べました。

キウイやグラノーラの甘みが丁度よかったです。

まだ、試していませんが、味噌汁や
納豆に少量入れるとそれぞれの素材の味が
まろやかになっておいしいのではと思います。

キャッチフレーズに
生きて腸まで届く
ビフィズス菌BB-12菌」とあります。
気になり調べて見ました。




カイテキオリゴ
カイテキオリゴ




スポンサーリンク





» 続きを読む

 カテゴリ

 タグ

低脂肪のプロピルヨーグルト

今までいろいろなヨーグルトを食べてきました。
でも食べても食べても便秘が改善せず、
もう私に合うものがないのかと
半ばあきらめかけていましたが
最近、やっと見つけることができました。

低脂肪ヨーグルト」を紹介します。


なんと、このヨーグルト、
水で作るんです!!

プロピオン酸菌ヨーグルト プロピル


ちょっとビックリしましたが、
今まで一つとして合うヨーグルトが
なかったので試すしかありません。

専用のヨーグルトメーカーも一緒に買いました。
puropil1.jpg


プロピルヨーグルト

フランスの研究機関が400種のプロピオン酸菌SI26株、
SI41株の中から10年を経て開発された
プロピオン酸菌SI26株、SI41株
が使われています。
「プロピオン酸菌」配合(世界特許)の
世界初のヨーグルトです。


プロピルヨーグルトは水で作るので低脂肪です。

プロピオン酸菌ビフィズス菌を活性化させ、
その働きを倍増させる効果があります。
乳酸菌やビフィズス菌の多くは、
腸に届く前に死んでしまいますが
プロピオン酸菌SI26株、SI41株
強い生存力で生きて腸にまで届きます。

結局、腸に届くまでに死んでしまうビフィズス菌を
とるよりも、ビフィズス菌の数を増殖させる働きがあり、
生きたまま腸に届くプロピオン酸菌
をとったほうが効果的かもしれません。

プロピオン酸菌ヨーグルト プロピル
プロピル


プロピル






カイテキオリゴ
kaitekiorigo




スポンサーリンク





» 続きを読む

 カテゴリ

 タグ

そもそもヨーグルトって何なのでしょう?

ヨーグルトはおなかに良いといわれています。

y-guruto.jpg

スーパーやコンビニなどの店舗には
さまざまな種類のヨーグルトが並べられていて
どれを買うか悩みます。

かつての私はそのときにセールしていて
価格のお安いものの中から低脂肪を選んでました。

大抵4個組みの甘くないタイプを買い、
ただ体に良いから食べるという選び方でした。

今日は漠然と食べていたヨーグルトを調べました。

○ヨーグルトの製法
牛乳に乳酸菌加えて発酵させるだけと簡単です。

牛乳を過熱殺菌する
  ↓
乳酸菌を加えて充填
  ↓ 
発酵させる
  ↓
ヨーグルトの完成
 
乳酸菌は牛乳に含まれる糖などをえさにして
繁殖し、乳酸発酵します。
そして、酸にはたんぱく質を固める働きがあり
牛乳に含まれるたんぱく質が固まって
液体の牛乳が固体のヨーグルトになります。

○ヨーグルトを作る代表的な菌

ラクトバチルス属

ラクトコッカス属

で同じ属でも株で違ってきます。
商品によって味や香りが違うのは働いている菌の
種類が違うためです。

ヨーロッパなどの昔ながらの製造されたヨーグルトは、
自然界の乳酸菌が混ざっていますが、
日本のメーカーが製造しているヨーグルトの乳酸菌は
胃酸に強いもの
特定の機能性が認められたもの
選抜して培養されています。

ヨーグルトの乳酸菌は体内で比較的長く生きられ、
健康効果が高いのが特徴です。
ヨーグルトは優れた発酵食品です。







スポンサーリンク





» 続きを読む

 カテゴリ

 タグ

自分の体に合ったヨーグルトを見つけられない(2)

ヨーグルトは大好きなのに自分の体に
合っているものが見つかりません。
今日は続きです。

もしかして、動物性の乳酸菌が合わないのかもと
植物性乳酸菌のヨーグルトを食べることにしました。

食べたのは「ラブレ」です。

ラブレの詳細は↓
http://www.kagome.co.jp/products/drink/10071/


ラブレは宅配の生協で販売されていて、
3本セットになっています。
これを1ヶ月飲み続けました。

残念ながら便秘が解消することもなく、
何の変化もありませんでした。




スポンサーリンク






» 続きを読む

 カテゴリ

 タグ

自分の体に合ったヨーグルトを見つけられない(1)

ヨーグルトは大好きなのに自分の体に
合っているものが見つかりません。

腸内フローラをさまざまなメディアが取り上げ、
ヨーグルトの効果をテレビなどで見るたびに、
ふと、かつて食べていたヨーグルトは
体に合ってなかったのでは?と思うようになりました。

というのも、便秘が良くなったわけでなし、
かさついた皮膚の調子が良くなったわけでなし、
体調がよくなったわけでもなく、

血中コレステロールが上がってしまったのです。

体に合っていたなら、まず、便秘が改善されていたのではと
今更ながら思います。







スポンサーリンク







あなたの応援クリックが記事更新の励みになります。

健康と医療 ブログランキングへ

» 続きを読む

 カテゴリ

 タグ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。